【伝統工芸品のご紹介】~石見長浜面~

【伝統工芸品のご紹介】~石見長浜面~

【伝統工芸品のご紹介】~石見長浜面~

 

https://www.select-japan.net/product_tag/kaguramen/

 

≪石見神楽と神楽面≫

島根県石見地方は神楽が盛んで、もともと収穫期に自然や神への感謝をあらわす神事として神社において夜を徹して朝まで奉納されるものでした。日本神話を源拠とし、演目も豊富で極めて多彩であることが特徴であり、明治

(1868頃~)に入ると氏子を中心とした神楽の団体が次々と結成され、伝統芸能として現在でも受け継がれています。

一針一針、丹念に縫込んで作られた豪華絢爛な衣装も石見神楽の大きな特徴の一つでもあり、また、勇壮でテンポの速い石見神楽に欠かせない物が、軽くて丈夫な石州和紙(ユネスコ無形文化財)で作られた『石見神楽面』です。

 

 

 

≪製造工程≫

  • 粘土で面になる原型を作る 
  • 乾燥後、和紙を幾重にも貼り重ねる 

 

  •  
  • 和紙が乾いたら原型を崩しながら型から外しとる 
  • 型から外した面の裏に柿渋を塗り乾燥させる
  • 目・鼻・毛を植える部分に穴をあける 
  • 胡粉を幾度か塗り乾燥させる
  •  
  •  
  • 彩色・絵付けをする 
  • 毛を植える

 

 

≪石州和紙≫

石州和紙は島根県の石見地方で製造される和紙であり、その起源は704年頃で国の重要無形文化財、伝統的工芸品、無形文化遺産の指定を受けています。また、2009年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されました。今日の社会的な環境変化によって、後継者や原材料不足等の問題がある中で、この貴重な伝統技術を保存、伝承するために懸命な努力を積重ねられています。

 

≪縁起物≫

近年、神楽面は縁起物としても需要が盛んになり、神楽舞だけではなく、新築祝や記念品などの贈物としても珍重されております。

 

 

≪柿渋:自然塗料≫

渋柿の未熟果を擦り潰した汁を発酵させ濾過したものを柿渋(かきしぶ)と言います。柿渋液の中に含まれる柿タン

ニンには防水、防腐、防虫効果があり、太古の昔より自然塗料として使われてきました。

 

 

≪焼杉≫

伝統的な建物の外壁材料として使われていました。あらかじめ表面を焦がし、炭化状にしておくことで初期の着火性

を低くし、耐火性能を持たせます。また、風雨にさらされる杉板の耐久性を高める役割も担います。

 

SELECT JAPANでは20歳未満へのアルコールの販売はいたしておりません。

年齢のご確認をさせていただきます。

申し訳ありませんが、この度はご利用いただけません。

生年月日をご入力ください

生年月日をご入力ください:

個人情報の保護

利用規約