【伝統工芸品のご紹介】~天童将棋駒~

【伝統工芸品のご紹介】~天童将棋駒~

【伝統工芸品のご紹介】~天童将棋駒~

 

 

古くから山形県天童市では駒の9割以上を生産しているが、現在は木地にスタンプで印字する押し駒や、機械彫りの低価格の彫駒が普及したため、伝統的な天童書体の書き駒の職人は少なくなっている。1996年、天童の将棋駒は伝統工芸品に指定され、もっぱら実用品であった駒が現在では工芸価値のあるものとなっている。

 

 

製造工程

①木地の準備:駒木地の原料となるツゲの板材を何年か乾燥させ、駒のサイズに合わせて四角形に木取りをします。

その中から同じような木目模様の四角形を40枚選んだら、五角形の駒形に切りそろえます。

 

⇒②40駒分の字母紙(じぼし)を作る:薄紙に40駒分の字を書き写します。 

⇒③字を彫る:字母紙ができたら一枚ずつ切って、駒木地に貼りつけ、駒彫り台に固定し、印刀を使って一枚一枚文字を掘り込みます。 

⇒④彫り埋め:40駒をすべて彫ったら、砥の粉(とのこ)と生漆(きうるし)で錆漆(さびうるし)を調合し、彫った部分を錆漆で埋めます。漆は乾燥すると沈着するため、錆漆で彫りを埋めて乾かすという工程を、表面が平らになるまでくり返します。 

⇒⑤盛り上げ/瀬戸引き:彫りが埋まり、完全に漆が乾いたら、研磨紙で研出(とぎだ)します。また、目の細い研磨紙で研出した。後に、瀬戸物で表面を磨くことを「瀬戸引き」といいます。 

⇒⑥盛り上げ/磨き:蒔絵筆を使って漆で字を浮き出るように盛り上げていきます。漆を立体的に、かつ均一に乗せるには、盛り上げ師の高度な技が必要となります。

こうしてできる盛り上げ駒は、プロ棋士が対局で使う最高級品となります。

 

 

 

将棋/将棋駒とは

将棋とは、縦横各9列の盤上に配置された20枚の駒を移動させ、相手の王将を詰めた方を勝ちとする2人で行うチェスに似たゲームのことである。将棋の起源はおおよそ11世紀頃で、古代インドで生まれた「チャトランガ」にあると言われ、中国経由で日本に伝わったと言われております。また、将棋の漢字表記は日本で当てられたようです。また、将棋駒とは、盤上に並べて動かす用具のことで駒を識別するため、先が尖った五角形の木片の表裏面に文字が書かれている。

※指し駒、置き駒、将棋盤の全ての工芸品の重量は使う素材によっても違いますが、切り取る部位によっても重さは

変わってくる。≪指し駒の読み方≫

王将:おうしょう   x 2金将:きんしょう  x 4銀将:ぎんしょう  x 4角行:かくぎょう  x 2飛車:ひしゃ    x 2桂馬:けいまx 4香車:きょうしゃx 4歩兵:ふひょうx 18

 

 

左馬の由来

左馬:ひだりうまは昔から福を招くめでたいもの、商売繁昌の守り駒として人気があり、近年は競馬愛好者の間に静かなブームをまきおこしている。

①馬の字が逆に書かれていることから、ウマの逆はマウ(舞う)であり、古来舞いはめでたい席で催されることから、縁起のよい招福の駒である。

②左馬の下の部分がよく締まって、入ったお金が散逸しないことから、福のシンボルである。

③普通、馬は人に引かれるものであるが、逆に馬に人が引かれて入ってくるというので、客商売にとっては千客萬来の招福駒である。

④馬は元来左から乗るものであるということから、左馬は乗馬のシンボルとするもので、これを持つ者は競馬に強いという。

 

 

素材:西洋ツゲ

日本に於いての国産黄楊材の不足に伴い、色合いと硬さが似ていることから、昭和40年頃より使われている。

※高知県安芸市の須藤信喜氏が北米より持ち帰り、繁殖栽培し、全国へ普及したといわれている。

 

 

素材:中国雲南省産黄楊

学問的には日本産の黄楊と同じだが、育った土壌などの違いのせいなのか、やや粘り気が少なく、堅くてもサクサクという感じで、色合いも微妙に日本産との違いがあり、やや渋めの色のものが多いようです。

 

 

素材:北米産スプルース

北米から輸入される主要な木材の一つで、材質は軟らかくて軽量。

色調は淡黄白色で、木目は素直で乾燥しやすく加工性がとてもよい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SELECT JAPANでは20歳未満へのアルコールの販売はいたしておりません。

年齢のご確認をさせていただきます。

申し訳ありませんが、この度はご利用いただけません。

生年月日を入力してください

生年月日をご入力ください:

個人情報の保護

利用規約