【伝統工芸品のご紹介】~和蝋燭~

【伝統工芸品のご紹介】~和蝋燭~

【伝統工芸品のご紹介】~和蝋燭~

 

https://www.select-japan.net/product_tag/japanesecandles/

 

■和蝋燭の歴史

蝋燭が日本に伝わったのは奈良時代(710年~)で、仏教と共に蜜蝋燭が中国からもたらされたのが始まりと言われています。

現在のように、櫨(はぜ)の実を使った和蝋燭が作られ始めたのは室町時代で、江戸時代後期から明治時代には和蝋燭の使用量がピークを迎えました。しかし、西洋ローソクに続いて電気の急激な普及や雲仙普賢岳(1991年)の噴火で主産地であった長崎県の櫨が全滅して以来、和蝋燭は苦境に立たされ蝋燭自体のニーズも減ってきているのが現実です。

 

■木蝋(櫨)の製造工程

①芯差し

あらかじめ和紙にい草の髄を巻いた芯を串に差していく

 

 

②芯を木型にに入れる

蝋を流し込む際に温度差で固まらないように木型を適温の湯につけて温めておく

 

 

③蝋を木型に流し込む

芯を入れた木型の中に蝋を流し込み冷まし固める

 

 

④生地を取り出す

木蝋や植物蝋を流し込んだ状態の蝋燭生地を取り出していく

 

 

⑤清浄生掛けを施す

よく練った上掛け用の蝋を手で擦り付けていく

 

 

⑥形を整える

蝋燭の上部の芯まわりと下部についた清浄生掛けの余分な蝋を切りとりながら形を整えていく

 

 

※絵蝋燭の場合、絵付師が模様を描いていく

 

■和蝋燭の特徴

原料が純植物性であるため、油煙が少なく、ほんのりとロウの溶けた香りがします。

点火するとロウは液体となりますが、その液体は芯に吸い上げられ炎と共に蒸発するので液だれもほとんどありません。

さらにススが少ないため、汚れた場合でも簡単に拭き取れます。

 

 

■和蝋燭と洋ローソクの違い

和蝋燭と西洋ローソクの大きな違いは、使用される原材料です。

和蝋燭の炎は、一目見て、洋ローソクの炎と異なり、大きくゆらゆらと揺れる炎は、

それ自体に意思が宿っているかのような神秘性や情緒があります。

その違いは、和蝋燭の構造に秘密があり、中が空洞芯になっている和蝋燭は、空気が蝋燭の中を流れ、その流れによって炎を揺らめかせるのです。

 

和蝋燭:

原    料/ 櫨の実(はぜのみ)木蝋などの植物性

芯         / い草の髄から取れる燈芯

製造方法/ 一本一本手作業で、できあがる数も限られる

炎          / 芯が太いため、大きく揺らぎ、消えにくい

 

洋ローソク:

原    料/ 石油から採れるパラフィン

芯         / 糸

製造方法/ 機械により大量生産可能

炎          / 消えやすい

 

 

■原料

櫨の実が和蝋燭の原料として最適なのは、湯煙が少なく、天然素材のため人体にも優しいからです。

また、風に強いという特性を持ちながら、風がなくても炎が揺らぐ様が神秘的で趣深いという理由から、和蝋燭の原料として重宝されてきました。

 

■人の心や電車の揺れ、小川のせせらぎの音、蛍の光、ヒーリングミュージックなど、私たちに心地よさを与えてくれるものには、「1/fのゆらぎ」が含まれていると言われています。

灯火を見ていると心がリラックスするのは、この「1/fのゆらぎ」に近い波動を、和・京蝋燭の炎が出しているためです。

※1/fゆらぎとは、パワー(スペクトル密度)が周波数 f に反比例するゆらぎのこと。

 

■豆知識

和蝋燭(わろうそく)の芯は燃え進んでいくうちに黒く炭化したまま残りかなり炎が大きくなります。

そのため1?2時間くらい燃えたところで芯切バサミ等の道具で芯をつまんでちぎり、芯の長さを調節して炎の大きさを加減する作業(芯切り)をすることでより安全に使えます。

※専用芯切りハサミをご利用ください。

 

■動物性・石油系の蝋燭の煤は、洗剤でないと洗い落とせませんが、和蝋燭の煤は、払い落とすことができます。

 

SELECT JAPANでは20歳未満へのアルコールの販売はいたしておりません。

年齢のご確認をさせていただきます。

申し訳ありませんが、この度はご利用いただけません。

生年月日をご入力ください

生年月日をご入力ください:

個人情報の保護

利用規約