• 岡本織物 Image
  • 岡本織物 Image
  • 岡本織物 Image

岡本織物について

当店の金襴は経糸も緯糸も正絹を使用し、上等な質感を保っております。一度お手元でご覧になるとその良さを実感されることと思います。
明るいところでの金襴も美しいですが、金襴がその美しさを発揮するのは、薄暗がりです。闇の中、ほの明かりでの光を集めて光る金襴の美しさを是非、皆様にご覧いただきたいと思います。

略歴

・ 瑞宝単光章 受賞
・ 伝統産業技術功労者 受賞
・ 西陣織展で京都市長賞
・ 西陣織展で経済産業大臣賞
・ 近畿経済産業局主催『DISCOVER KANSAIプロジェクト in パリ 第2弾』選定

受賞作 表彰状

インタビュー:岡本織物 株式会社/ 岡本絵麻

工芸品情報

工芸品名西陣織 : 織物
歴史 金襴地とは、綾地または繻子地などの地組織に金切箔または金糸などで紋様を織り出した美麗豪華な織物で、この技法は1573~92年頃に中国から伝わり、その後、京都の西陣で盛んに織られてきました。
西陣金襴は神社仏閣を荘厳に飾る戸帳や打敷、僧侶の袈裟、茶道具の名物裂等を主な用途として使われてきました。
その紋様の多くは天平時代を中心とした「東大寺正倉院宝物」をルーツとして、その後「南蛮伝来の宝物柄」など時代ごとに新しさを取り入れつつ発展し続けています。

伝統工芸士情報

工芸士名
岡本忠雄: 瑞宝単光章 受賞
岡本光雄: 伝統産業技術功労者 受賞
岡本圭司
略歴 私どもは、日本を代表する伝統工芸の一つである西陣織を京都、西陣の地で100年以上も前から、代々の息子たちがその技術を継承してきました。
また、『温故知新』の精神もその息子たちへと引き継がれ、伝統的な古典文様だけではなく、世界の大自然からヒントを得て取り込んだ斬新な文様やアイディアとを融合させた金襴織物をモダンでシックな物へと創作しております。
陰と陽の空間で発揮する西陣金襴の美しさを皆さまに愉しんでいただきたく岡本織物ならではのものを今も尚、織り続けております。

護王神社の節分の鬼

節分の鬼 鬼の衣装アップ 鬼の衣装細部

西陣金襴は神社仏閣をはじめ、町のあちらこちらでも見ることができます。

製造工程

①図案 ※最も重要な工程の一つであり、伝統的な文様に新しいデザインを取り入れながら描いていきます。

②紋意匠図 ※織物の設計図にあたり、包含用紙に図案を拡大し塗り分けをします。

③紋彫 ※紋意匠図を基に縦33cm、横4.5cmほどの短冊型の紋紙にピアノ式紋彫機を使って、経糸の上げ下げを指令する穴をあける作業です。

④手機 ※金襴は複雑な織物であるため手機でひたすら織っていきます(この時に箔糸を竹のへらで一本、一本、丁寧に手作業で織りこんでいきます)。

⑤仕上げ加工 ※織り上がったものを蒸気の中を通して、独特の風合いをつけていきます。

こうして各工程ごとに熟練の工芸士さんは分業しながら織物を仕上げていきます。

取扱の注意

1. 本金箔、本金糸は「硫黄成分」に弱いので身近な所では輪ゴムなどに直接触れ合わないようにして ください(※長時間触れると変色する可能性があります)。

2. 本金箔、本金糸は日光による退色があります(※普通にお出かけに使うくらいなら大丈夫ですが、 保管の際は暗い所での保管をお勧めします)。

3. 金箔、金糸の光りを綺麗に出す為にとても細い糸で押えてあります(※摩擦に弱いのでお気をつけ 下さい)。

4. 水にぬれてしまうと色移りする可能性があります(※ぬれてしまった場合などは衣服への色移りな どにお気をつけ下さい)。

布地の折り方

こちらは現当主が伝統的な織り機で布地を織っている様子です。

一日中、どんなに頑張って作業しても20cmほどしか織れないと言われています。時間も労力もかかるため手織り機で織られた伝統的な布地は高額になり、SELECT JAPAN のサイトで販売している商品の布地とは異なります。

所在地

■ 岡本織物: Okamoto Orimono

ホームページ看板
郵便番号
602-0943
住所
京都市上京区革堂町576
ホームページ
http://okamotoorimono.com/
見学
要相談 ※+81 3 6661 6884にお電話ください。
営業時間
10:00 - 17:00
定休日
毎週日曜日