• 鏑木 Image
  • 鏑木 Image
  • 鏑木 Image

鏑木について

The exterior of Studio 【創業時~江戸時代】
鏑木は文政5年(1822年)、徳川11代将軍家斉の治世に九谷焼最初の商家として金沢で開業するに始まります。
当時は加賀藩の意向で九谷焼の復活・普及が推進されており、若杉窯や小野窯など九谷の歴史に名を残す窯が始まってまだ間もない頃です。
また、文政7年には、有名な吉田屋窯が豊田伝右衛門によって開かれています。その九谷焼再興の時代、鏑木はその一翼を担い、各窯より仕入れた商品の販売のみならず、彼らの工房に陶画工を集めて絵付けを行っていたようです。

【明治~大正時代】
明治に入り、四代当主次平が藩政末期より努力してきた海外輸出がようやく軌道に乗ってきます。また、それに内需の拡大も伴い、質・量ともに充実した生産体制が整ったようです。
海外輸出が隆盛を極め、産業九谷が確立されたと言われるこの時代、鏑木も国内の展覧会のみならず海外での万国博覧会にも積極的に出品し、「鏑木製の九谷は一級品」という実績と名声を獲得するに至りました。この頃の鏑木製商品に関して「九谷焼330年」にこう記されています。「商品の裏印には必ず鏑木製を入れたのは商品には責任を持つという店主の心意気を示すもので、この良い品物を買っていただくと言う心掛けが五代にわたる豪商の基礎をなしたものではなかろうか」
現在、その時代の「鏑木製」作品を国内外に求め、手元に集めたものを鏑木ギャラリーに展示してあります。

【昭和~現在】
昭和に入り海外輸出は終焉を迎え、内需に力を注いでいきます。
戦前・戦後の困難な時代を乗り越え、以降、日本全国の皆様に九谷焼をお届けしてまいりました。
そして現在、八代目に継がれた鏑木は、創業200年を迎えることとなり、「味のある、よい九谷焼を広く全国の顧客に伝える」という創業の精神にいっそう徹しております。

工芸品情報

工芸品名九谷焼 : 陶器
歴史 九谷焼は明暦元年頃(1655年頃)石川県山中町九谷の地で良質の陶土が発見されたのを機に、大聖寺藩初代藩主前田利治が家臣・後藤才次郎に命じて、肥前有田郷で製陶の技術を修行させ、技術を導入したのが始まりと言われています。この時期に製陶されたものを「古九谷」と呼んでいます。
古九谷は17世紀以降、日本で作られた色絵磁器の中でも品位風格があり豪放華麗な作風として、有田の柿右衛門、古伊万里、色鍋島や京都の仁清などと共に高く評価されています。
古九谷の始まりから約350年を経た現在もなお、その伝統美は受け継がれ続けています。

工芸品取扱店情報

九谷焼老舗当主
Craftsman Seiichi Onishi鏑木基由(八代目)
略歴
文政5年
創業
明治10年
京都博覧会 進歩賞牌受賞
明治11年
京都博覧会 有功賞牌受領
東京繭糸織物陶漆器共進会  四等褒章受領
石川県共進会 二等褒章受領
明治20年
第五回物産品評会 陶器一等褒賞受賞
第三回関西府県聯合共進会  四等褒章受領
石川県第六回物産品評会 二等褒章受領
明治25年
5月11日第四回関西府県聯合共進会 三等褒章受領
富山県博覧会 二等賞銀牌受領
明治27年
聯合共進会梅書小鉢出品 四等褒章受領
明治32年
石川県重要物産共進会陶器部門 二等褒章受領
明治36年
第五回内国勧業博覧会陶器花器 三等賞受賞
明治37年
万国博覧会(アメリカ・セントルイス)鏑木太平 銀賞受賞(ルイジアナ地方の領土獲得を記念して)
明治38年
万国博覧会(ベルギー・リェージュ)鏑木太平 金賞受賞(ベルギー国王・フランド伯爵・アルバート王子の後援のもとにおこなわれる)
神戸貿易品評会出品感謝状授与
明治39年
大阪戦捷記念博覧会出品 一等賞受領
明治40年
第九回関西府総合共進会 菓子器出品 四等賞受領
明治43年
日英博覧会(日本)出品 鏑木太平 銀賞受賞
明治44年
内国産業博覧会花生出品  進歩銀牌授与
大正5年
美術工芸品展覧会 牡丹絵模様花瓶出品 二等賞受賞
大正13年
皇太子殿下本県への行啓の際、鉢1ケ台覧に供する
昭和34年
石川県金沢市下堤町から石川県金沢市武蔵町へ店舗を移転
昭和47年
田中角栄首相訪中記念 日中友好盃謹製
昭和53年
7代当主栄一が勲五等瑞宝賞を授与される
平成7年
金沢武蔵本店2Fに「おいしいいっぷく鏑木」開業
金沢店づくり大賞受賞
平成10年
8代当主基由が金沢九谷振興協同組合理事長就任
平成14年
日韓共催2002FIFA WORLD CUPの公認グッズを九谷焼で作陶する
平成17年
東京都港区麻布十番に東京・鏑木分店オープン
金沢市長町武家屋敷にかぶらき本店を移転
平成18年
特定非営利活動法人 金沢九谷倶楽部 設立
平成19年
第二回和のある暮らしのカタチ展 鏑木製ワイングラス出品審査員特別賞受賞
商号を株式会社鏑木に変更
平成20年
フランス国際見本市「メゾン&オブジェ」出展
全国伝統的工芸品公募展 鏑木製ワイングラス出品 生活賞受賞

所在地

■ 鏑木: Kaburaki

The exterior of Studio
郵便番号
920-0865
住所
石川県金沢市長町1-3-16
ホームページ
http://kaburaki.jp/
営業時間
9:00 - 22:00 (年中無休)

■ 鏑木分店: Tokyo branch

郵便番号
106-0045
住所
東京都港区麻布十番3-3-3
営業時間
11:00 - 20:00 (火曜定休日)

この出品者の工芸品