• 丹誠窯 Image
  • 丹誠窯 Image
  • 丹誠窯 Image
  • 丹誠窯 Image

丹誠窯について

The exterior of Studio Showroom 丹誠窯は、1897年に大西氏お祖父によって創業されました。
40数年前までは、殆どの窯元が登り窯による焼き物でしたが、今では多くの陶芸家たちが、労力もかからない便利な電機やガス製の窯を使っています。
しかし、登り窯に一旦火が入ると、大西氏たちは焼上げの工程を終えるまでは一睡もしないほど体力を使い、しかも電気やガス窯に比べると壊れやすいという大きなリスクもありますが、伝統工芸家としての大西氏は、登り窯ならではの味わいに拘っての作品作りを長年に渡りやり続けています。
Master Onishi thanks to all with a big smile.

工芸品情報

工芸品名丹波立杭焼 : 陶器
歴史 丹波焼は、瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯の一つに数えられ、その発祥は平安時代末期から鎌倉時代のはじめといわれています。
桃山時代までは「穴窯」が使用されていましたが、慶長16年(1611)頃、朝鮮式半地上の「登り窯」が導入され同時期に取り入れられた蹴りロクロ(日本では珍しい立杭独特の左回転ロクロ)とともに、伝統技術を今日に受け継いでいます。
篠山藩の保護育成により、直作、一房、花遊、一此等の名工が腕を競って、丹波焼の名を高めました。
昭和53年(1978) 「丹波立杭焼」の名称で国の伝統的工芸品指定を受けております。
小話 当窯では葉貼付文でも「南天」の葉を主に使用しています。
南天はその名前から災難の「難を天づる」とされ、縁起がいいものとされています。
制作工程 1. 陶土をこねる。 ⇒2. 形成・紋様装飾
※肌地が乾ききらぬうちに南天の葉を貼付け、釉薬を塗り、焼き上げます。
南天の葉は炉内で焼かれ、その後には難点の葉が模様として刻印されます。 ⇒3. 面取り ⇒4. 天日乾燥(3~4日) ⇒5. 素焼き ⇒6. 釉掛け ⇒7. 焼成(約60時間)
※工芸士は寝る間も惜しみ、窯焚きが終わるまで火の勢いが弱まらないようずっと見守ります。

工芸士情報

工芸士名
Craftsman Seiichi Onishi大西誠一
略歴
  • 昭和26年(1951年) 丹波焼の里、兵庫県は立杭で生まれる
  • 昭和49年(1974年) 父の元で指導を受ける
  • 昭和54年(1979年) 現代丹波陶芸展に初入選
  • 昭和56年(1981年) 神戸ポートピア '81に於いて作品を展示する
    大阪で開催された全国民芸窯展覧会に於いて作品を出品する
  • 昭和54-60年(1981-1985年) 兵庫県工芸美術公募展にて入賞・入賞
  • 昭和57年(1982年) 韓国にて視察研修
  • 昭和58年(1983年) 兵庫県産業技術大学終了証受理
    日本青年会議所芸術部会員
  • 昭和63-平成7年(1988-1995年) 福岡、民工芸の館「どいざき」にて個展を開催
  • 平成9-13年(1997-2001年) 第69回新構造展に於いて「新人大賞」受賞、以降、連続入賞
  • 平成14年(2002年) 新構造社より会員に推挙される
  • 平成20年(2008年) フィンランドより陶芸留学生を受入れる
  • 平成22-24年(2010-2013年) 大阪、阪神百貨店にて個展を開催
  • 平成25年(2013年) 東京、銀座ギャラリー「門」にて個展開催
    経産省指定、丹波立杭焼産地の伝統工芸士に認定される
    昭和54年(1979年)以降 全国各地の有名百貨店、ギャラリー等にて個展開催中

登り窯

Kiln 登り窯とは、斜面の地形に沿って作られた古くからある陶製炉のことです。斜面の地形を上手く利用した炉内は幾つかに間仕切りされ、重力による燃焼ガスの対流を利用して炉内の各製品を燃焼時に一定に保てるよう工夫された窯の形態のことを言います。また、製品の均一という点でこの炉窯はとても優れています。

窯変

Yohen sample 登り窯による焼成は1300度で60時間に及びますが、その時に蒔きの灰が陶器の上に降りかかり、その結果釉薬と融けあい面白い色合いや独特な模様ができます。
これを「窯変」といい、丹波焼の大きな特長でもあります。
本来、丹波焼は庶民の毎日の生活用品として作られましたが、この「窯変」 ゆえに観賞用としても収集されています。

赤土部

赤土部は丹波立杭地方で採れる鉄分を豊富に含んだ土で窯の中での焼成温度の高低により赤褐色から暗紫色など多彩な色調が描かれます。

所在地

■ 丹誠窯: Tansei gama

The exterior of Studio
郵便番号
669-2141
住所
兵庫県篠山市今田町下立杭40
ホームページ
http://tanseigama.jp/
体験
予約必須
営業時間
9:00 - 17:00
定休日
不定休