出展者紹介

永華陶園 三笑庵では昭和33年の創業以来、一般的な家庭で使用していただける食器や抹茶道具・花入れ等、共に美濃を代表する焼き物の1つである「織部」製品を中心に幅広く展開しております。本来の技法や歴史を大切にしながらも、今の時代にも受け入れられるような製品が多くの造り手によって生み出されています。そこでは食事内容の変化に対応するように洋食等にもご利用いただける器もいろいろと考えられています。皆様には本物の逸品をお手に取ってご覧いただきたいと思います。

歴史

美濃焼とは、岐阜県、美濃地方(現在の土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市)を主たる産地とする陶磁器の総称のことで、16世紀(桃山時代)に織田信長の経済政策によって瀬戸市周辺の丘陵地帯の陶工たちが美濃地方の集落に移り住んで焼成効率に優れた地上式の単室窯である大窯を多数築いたことが始まりとされています。また、志野焼に代表されるような「美濃桃山陶」が焼かれ一大産地となり、美濃焼の基礎が築かれました。江戸時代になると窯体構造は大窯から連房式登窯となり、志野焼に加えて織部焼の優品が生み出され、現在では日本の和食器の大半を生産する大窯業地となると共に昭和53年には、現経済産業省伝統的工芸品に認定されています。

工芸士情報

工芸士名
加藤豊久
紹介 志野焼の専門作陶家として活躍している人気の高い作家で、次代を嘱望されております。
志野焼は他の釉薬とは焼成方法が異なるため、専門で取り組んでいる作陶家は美濃の中でも少数ですが、
その中でも非常に期待の大きい方です。
工芸士名
(故)中島正雄
紹介 美濃の長老として92歳で亡くなるまで作陶に励んでいました。地域の発展のを第一として活動をし続け、
価格はリーズナブルでありながら作品のレベルはとても高く、地元でも高い評価と根強いファンも多い方です。
工芸士名
加藤捷信
紹介 (故)中島正雄先生に師事し、現在では地元にて独立して作陶家活動に励んでいます。
作風は高麗青瓷と粉引を得意にしてます。
工芸士名
蔵田光憲
紹介 現在の焼成方法だけではどうしても表現する事の出来ない自然の焼き上がりに拘った作陶の姿勢が評価される作家です。
工芸士名
中垣連次:秀峰窯
紹介 秀峰窯は美濃の代表的焼物のひとつである「織部」を中心として、主にいい色彩の食器を生産することで定評のある窯元です。
最近では伝統的な織部だけに留まらず、現代の新しい「織部」をテーマに作陶しております。
工芸士名
中島康之:雅山窯
紹介 雅山窯は(故)中島正雄先生の日常製品を生産している窯元で、現在は息子の康之氏が当主として作陶しています。

織部

通常、当地で「織部」と言えば、「青織部」の事を指します。
織部は古くより茶道具の他に向付等の食器が多く生産されて来ましたが、生産のほとんどはこの緑色の釉薬でした。
この緑色の釉薬が「青」と表現されてきたのです。
また、「ひょうげ」という言葉で表現されるように織部の器は古来よりユニークな形のものが多く製作されています。
※向付(むこうづけ):日本(懐石)料理のお膳の手前にはご飯と汁が並びますが、その向こう側に置く料理または、器のこと
※ひょうげ:面白い形の品物を指す

化粧土

天然の白っぽい粘土を素地の上にかけて均質な皮膜をつくり素地面の小さな孔や粗粒のために出る凸凹を覆って平滑にし、素地の色を隠して白くしたり、あるいは彩飾の目的などに用いるもの。

所在地

永華陶園:三笑庵
郵便番号
507-0848
住所
岐阜県多治見市日ノ出町1-40-10
ホームページ
http://toki.net/